February 18, 2015

Taiji, Japan and Kaikoura, New Zealand BY SHAUN O'DWYER 日本語付き

|   HOME   |   TABLE CONTENTS   | 


                                  ↑The dolphin frescoes in the Queen's Megaron of the Palace of Knossos.
                     View the original frescoe in the Heraklion Museum.↑ Arranged on CG Art by Keiko Olds

Shaun went to Kaikoura, New Zealand in search for hints about whale hunting. When he went back to Japan, he traveled to Taiji thinking about their similarities. Please read his article that was displayed in the 2014 Japan Times newspaper.
ショーンは日本の鯨漁についてのヒント探しにわざわざニュージーランドのカイコウラに出かけて行った。そして日本に戻った彼は直ぐ太地へ、カイコウラと太地について模索しに出かけた。2014年、ジャパンタイムに載せたショーンの記事を読んでください。
(日本語は下の方にあります)

This article does not compare Japan and New Zealand, It his about what small towns like Kaikoura (and hopefully one day Taiji too) can do to protect their dolphins, whales and other marine life while also maintaining their livelihoods.
この記事はカイコウラのような小さな町でも(願わくばいつの日か太地でも)生計を維持しながらイルカやクジラ、その他の海洋生物を守るために何ができるかについてを語っているのであって、カイコウラと日本を比較していません。


                    Kaikoura and Taiji
           A tale of two whaling towns
                                          

Sep. 22. 2014 
Published in the Japan Times 

 In August, I stepped off a bus along a remote coastline on New Zealand’s South Island and was enchanted by what I saw. To the north, the jagged curtain wall of the Kaikoura Ranges soared over the coast; to my right, the sea, hiding within it the vast biodiversity of the submarine Kaikoura Canyon; and perched along the peninsula on which I was standing, the charming, low-key resort town of Kaikoura.

Kaikoura has long depended for its livelihood on the marine resources harvested from that sea, beginning with the Ngati Kuri Maori people who first fished there, followed by the European whaling stations in the 1840s. But the last whale was harpooned in 1964, and I was there last month to see whether New Zealand’s premier whale-watching resort had any lessons for Japan’s whaling towns.

I had arrived in an off-season period, but there were tourists around, most of them international. Sitting with me on a trip run by the Whale Watch company to see sperm whales were young backpackers and families from China, South Asia and Europe.

After the trip I spoke with the general manager of this Ngati Kuri-owned company, Kauahi Ngapora. He told me about its beginnings with “a small, privately funded boat” in 1987 and about its present-day success, with an annual revenue of 10 million New Zealand dollars ($8.2 million, ¥885 million), its catamarans taking out up to 100,000 tourists every year.

He also told me that Whale Watch’s entrepreneurship drove Kaikoura’s modernization from a declining rural backwater into a world class, EarthCheck-accredited eco-tourism destination — a community of 3,600 people balancing an annual intake of 800,000 to 1 million visitors with a commitment to conserving its marine habitats, under national and Maori customary law.

Ten days later I was in Taiji, Wakayama Prefecture, to see how it compared with Kaikoura. Taiji is also a charming resort town, of similar size to Kaikoura. Located on a picturesque coastline of deep, sheltered inlets and coves, it has numerous sites showcasing its whaling heritage, including old shrines, monuments and the Taiji Whale Museum, which boasts fascinating exhibits illustrating the town’s four centuries of whaling history.

There are also striking differences. In Kaikoura, tourists observe wild marine life, such as whales, dolphins and seals, only in their natural habitats. In Taiji, visitors observe captive dolphins held in the whale museum’s cramped pools and aquarium, and in its enclosed dolphin-show inlet, though there are small-scale dolphin-watching tours. Around town, restaurants sell whale and dolphin meat dishes.

A few hundred meters down the road I stumbled on the inlet made famous by the 2009 Oscar-winning film “The Cove,” where I saw tourists swimming, under supervision, with dolphins that are kept in pens there. I also noticed that Taiji’s hotels looked old and faded, and I appeared to be the only non-Japanese visitor in town. “This place could be doing better,” I thought.

Indeed, Taiji tourism is on a downward slide familiar to many Japanese rural tourist destinations. Annual — largely domestic — tourist numbers fell from around 389,000 in 1998 to 246,000 in 2009, and annual visits to the whaling museum dropped from a high of 478,573 in 1974 to 141,688 in 2009.

Since fisheries, the mainstay of Taiji’s economy is also (with one exception, which I will return to shortly) in decline due to overfishing, falling profitability and an aging, shrinking workforce, Taiji faces serious economic challenges.

Taiji could develop an eco-tourism strategy like Kaikoura’s to attract more international visitors. With its established tourist industry — and if access to Kansai International Airport is improved — the transition would be easier than it was for Kaikoura. For, as Whale Watch’s Ngapora told me, when the firm started, “tourism was a dirty word” and some hostile local white people even sabotaged its operations.

Taiji has plans for a 28-hectare marine park, where tourists can interact with captive whales and dolphins. An official at Taiji city council told me that it is also intended to appeal to foreign tourists. When I asked him how they would deal with foreign tourists’ unease about such a place — influenced by the Sea Shepherd activist group — he replied, “We’re thinking about that.”

With this plan, Taiji could be groping towards an eco-tourism future. However, Jun Morikawa, a scholar who has studied Japan’s whaling establishment and diplomacy, reminded me there is also a small but powerful “chorus” of pro-whaling politicians, Japan Fisheries Agency bureaucrats, whaling industry insiders, academics and media pundits who want what they see as Japan’s “indigenous traditions defended to the last breath.”

For them, that means the “traditional” blood-letting in the Cove must also continue. But if it does, few foreign tourists will come.

Early in September, veteran dolphin activist Ric O’Barry was in Japan, working with former dolphin hunter Izumi Ishii to push the Taiji eco-tourism message. O’Barry described to me Taiji’s depressed tourism situation, including the closures of hotels and restaurants.

“I love Taiji. It’s got one of the most beautiful coastlines in the world,” he said. “It has such great potential.”

But as he made clear to me, a major obstacle to Taiji eco-tourism is the profitability of the dolphin drive hunts, and especially of the dolphins captured alive and trained by the Taiji Whale Museum for sale to domestic and foreign aquariums. O’Barry says that such dolphins can fetch up to $150,000 each. Ceta Base, an online database that tracks the marine mammal captive industry using figures from the government and activists, estimates that in the 2013-14 season, 158 dolphins were captured alive and 834 slaughtered for their meat. Between January and November 2013, 78 Taiji dolphins were exported for an estimated total price of ¥278 million ($2.64 million).

There are other obstacles. A dolphin activist named Takayo told me, “The fishermen will not swallow their pride unless we (activists) swallow our anger.” Meanwhile, she said, “even those Japanese who don’t eat whale and dolphin meat feel like our culture is under attack by foreign activists.” Takayo asked that her last name not be used, because she has received online threats and harassment due to her advocacy.

After decades of confrontations with foreign whaling opponents and propagation of a national pro-whaling discourse, whale and dolphin hunting is no longer simply an economic issue. Many whaling advocates now frame it as a matter of cultural identity and preservation. Hunting and eating cetaceans, or even just defending those practices, become affirmations of Japanese identity against foreign attacks.

Anthropologists note that this cultural self-presentation feeds into Taiji’s branding as a kujira no machi (whale town) to domestic tourists. Old traditions and festivals have been revived, while cetacean meat and even the captive dolphin shows are marketed as aspects of its cultural experience. This will be difficult to modify to accommodate foreign tourists’ sensibilities.

The Ngati Kuri people of Kaikoura struck me as more pragmatic. Their traditional designation of cetaceans as taonga (treasure) has adapted through time to changing circumstances, indicating their status as rare, divine gifts of food washed up on beaches in pre-European times, as a source of income during both the whaling and whale-watching eras, and as sacred animals to be protected and revered today.

However, whaling in Kaikoura is a distant memory. The hunting of larger cetaceans ceased in Taiji following the 1988 worldwide commercial whaling moratorium, but Taiji fishermen and their supporters insist that the dolphin drive hunts are part of their whaling tradition — even as critics insist that they are about profits, not tradition.

A greater role for Japanese activists in Taiji could deflate this “us against them” attitude and speed up the end of the dolphin hunts.

“In the end, this has to be solved within Japan, and by Japanese people,” Takayo said. “It should be safe for us to speak up and not be called unpatriotic.”

O’Barry agreed: “Foreign activists can’t bring about change. We need to let the Japanese take ownership of this issue and lead, though foreign journalists should continue covering Taiji. The world has a right to know.”

For my part, I remembered the Taiji Whale Museum’s exhibit about the enterprising young local men in the late 19th century who worked in the European and American whaling industries, before bringing home their technology to modernize whaling in Taiji. Though it seems unlikely to arise, such an internationalist outlook could renew Taiji again, as a heritage-rich kujira no machi — where cetaceans are worth more alive, protected and free.

Back in Kaikoura, I met a young German couple while I was inspecting the remains of a former whaling station. They were seasoned eco-tourists in high spirits after a swimming tour with wild dolphins, so we got to talking about animal rights.

“She became a vegetarian last December,” the husband said, pointing to his wife.

“I am too,” I said. “But I wonder about my ethical consistency,” I added, looking down at my leather shoes.

“Well,” she replied, “we have to start somewhere, don’t we?”

  BY SHAUN O'DWYER



         Taiji, Wakayama 和歌山県太地町                            Kaikoura, New Zealandカイコウラ、ニュージーランド
         
Taiji, Dolphin Hunt 太地のイルカ猟.                                                      Kaikoura, Whale Watching カイコウラのクジラウォッチング
         

                                                      カイコウラと太地町
                  ふたつの捕鯨町の話
                                              ショーン・オドワイヤー(明治大学の国際日本学部)
                 ショーン・オドワイヤーは明治大学の国際日本学部の准教授である。現在彼は現代儒教思想を研究している。

October 24, 2014 Sasha Abdolmajid Reply
2014年9月22日ジャパンタイムズ掲載 
訳: キニマンス塚本仁希


ニュージーランドのカイコウラ町  捕鯨場の跡地

今年8月、ニュージーランド南島の町から遠く離れた海辺でバスを下車した私は目の前の光景に心を奪われた。北を見渡せばカイコウラ山脈がギザギザとした城壁のように浜辺の上に覆いかぶさっており、右の方には膨大に多種多様な生命体が棲むカイコウラ海底峡谷を守る海が広がっていた。そして私が立つ半島には控えめながらも魅惑的な観光地、カイコウラがあった。

カイコウラに住む人々はナティ・クリ族のマオリ人達にはじまり、その後1840年代に捕鯨場を設立したヨーロッパ人たちなど、古くから地元の海洋資源に頼って生きてきた。しかしこの地で鯨が最後に捕獲されたのは1964年のこと。私が8月にこの町を訪れたのは、ニュージーランドきってのホエールウォッチング名所に日本の捕鯨地が学べることがないかと見てみたかったからだ。

オフシーズンにもかかわらず、旅行者達の姿が見え、そのほとんどは外国人だった。マッコウクジラを見に、私とホエールウォッチングツアーに同乗したのは中国、南アジアやヨーロッパなどから来た若いバックパッカーや家族連れだった。

ツアーの後で、ナティ・クリ族が所有するこの会社の社長カウアヒ・ナポラ氏と対談した。会社は1987年に「個人出資で買った小さなボート」からスタートし、事業が成功した今、年間収益はNZ1000万ドル(およそ8億8500万円)。毎年10万人もの観光客を双胴船で案内している。

ナポラの話では、衰退した地方村だったカイコウラを持続可能な旅行観光サービス産業の国際基準「アースチェック」から正式認可を受ける世界クラスのエコツーリズムの町へと近代化させたのはホエールウォッチの起業精神だった。人口3600人のコミュニティが年間80万人から100万人までの訪問者を受け入れながら、国の法律とマオリの掟に従って海洋生態系を保護する取り組みに尽力しているのだ。

その10日後、私は和歌山県太地町を訪れ、カイコウラとの比較性を確かめようとしていた。太地町も魅力的なリゾート地であり、規模もカイコウラに近い。深く崖に囲まれた入江が連なる美しい海外線に位置し、古い神社や遺跡など捕鯨の歴史を語る数々の名所がある。太地町くじらの博物館では町の400年にわたる捕鯨の歴史が誇らしげに展示されている。

同時にふたつの町には明らかな違いも見られた。カイコウラでは観光客は野生のクジラやイルカやオットセイなど、海洋哺乳類の生態系を自然の生存環境のみで見学する。太地町を訪れる人々は捕獲されたイルカの姿をくじらの博物館の狭いプールや水槽の中か、館内の入江でのイルカショーでしか見られない。(小規模のドルフィンウォッチツアーも行われているらしいが。)そして町ではイルカやクジラの肉を出すレストランが立ち並ぶ。

数百メートル先に進むと、2009年のアカデミー賞受賞映画「ザ・コーヴ」で有名になった入江を発見した。そこでは観光客が職員の監視の下で生簀に入れられたイルカと泳ぐ光景が見られた。太地町のホテルは古びており、私の他に外国人訪問者の姿は見当たらず、(もっと活気ある町になれるはずなのに…)と私は思ってしまった。

確かに、太地の観光業は日本各国の地方観光地同様、右肩下がりだ。年間旅行者数は1998年の38万9000人から2009人には24万6000人まで減っており、くじらの博物館の入場者数は1974年に47万8573人だったのに対し、2009人は14万1688人しか動員していない。1

太地町の主産業である漁業も、乱獲や利益性の低迷、そして老化・縮小する漁業の影響で(あとで説明する一つの分野を除いては)衰退している事から、町は深刻な経済的苦難に迫られている。

太地町の入江で生簀に入れられたイルカと泳ぐ光景客
太地町の入江で生簀に入れられたイルカと泳ぐ光景客 | AP
太地町もカイコウラのように、世界中から訪問者がもっと大勢集まるようなエコツーリズム戦略を発展する事もできるはずだ。既存の観光業に加え、関西国際空港へのアクセスが改善されれば、その移行はカイコウラの昔より簡単なものになるだろう。なぜならホエールウォッチ社のナポラ氏の話では、設立当時の住民の間では「観光は汚い言葉」であり、現地の白人達による営業妨害も起きたというからだ。

太地町では観光客が飼育されたクジラやイルカと触れ合う設備として28ヘクタールの大きさのマリンパークを建設予定だそうだ。話を伺った太地町役場の役員は、外国人観光客にもアピールするような取り組みを計画していると話した。活動団体シーシェパードに感化され、そのような場所に否定的な感情を抱く外国人観光客に関してはどのような対応を取るつもりか、と質問すると「それは今考えています」との返事が返ってきた。

この計画があれば太地町はエコツーリズムの未来に向かって手探りで進み出せるかもしれない。しかし、日本の捕鯨業と外交を研究する森川純教授によれば、国会内の捕鯨推進議員連盟、水産庁や水産業界、学界や主要マスメデイア関係者など、少数でありながら権力的な人々が捕鯨を日本の”固有の伝統文化として断固、死守!”と力強く「合唱」しているのだ。2

つまり、彼らにとって入江をイルカの血で染める追い込み漁は続けなければならない“伝統”なのだ。しかしそのままでは海外からの旅行者はほとんど来ないだろう。

9月初旬、元イルカ漁師の石井泉さんと共に太地町のエコツーリズムのメッセージを進めようと来日していたベテラン活動家のリック・オバリーから閉館したホテルやレストランなど、衰退した太地町の観光業の現状について話を聞くことができた。

「私は太地町が大好きです。ここには世界で最も美しい海外線のひとつがある。偉大な可能性がここにあるんです」とオバリーは話す。

しかし、太地町がエコツーリズムを実現させるにあたって立ちはだかる大きな障害はイルカ漁の利益性にある、と彼は説明する。特に生きたまま捕獲され、くじらの博物館内で訓練されるイルカは国内・海外の水族館へ高額で売却される。なかには15万ドル(およそ1600万円)で売れるイルカもいるという話だ。政府機関や活動団体から得る数字をもとに海洋哺乳類捕獲業界を調査するオンラインデータベースCeta Baseの計算によれば、2013‐14年期には158頭のイルカが生きたまま捕獲され、834頭が肉のために殺されていた。2013年の1月から11月まで78頭のイルカが総額2.78億円で太地町が売却している。3

障害物は他にもある。タカヨと名乗るイルカ保護活動家は「我々活動家が怒りを飲み込まないかぎり、漁師の人達はプライドを飲み込まないだろう」と話す。「それまではイルカ肉やクジラ肉を食さない日本人までもが外国の活動団体に自分たちの文化を叩かれていると感じ続けるだろう。」タカヨはこの記事に自分の名字を書かないよう依頼している。すでにネット上で活動に対する脅迫やいやがらせを受けているからだ。

何十年にもわたる外国の捕鯨反対派との対立と国粋主義的な捕鯨擁護の主張の広まりの結果、今や捕鯨やイルカ漁は単なる経済問題だけではなくなっている。現在、捕鯨擁護派の多くは日本人のアイデンティティや文化保護に結びつけた主張を論じている。クジラ目を獲ったり食べたり、あるいはその習慣を擁護するだけで、外国から攻撃されている日本人のアイデンティティを肯定できるというのだ。

考古学者達はこのような文化的自衛本能は、太地町が国内旅行者を呼びこむために名付けられた「くじらの町」というブランディングに注ぎ込まれている、と解析する。古い伝統や祭りが蘇り、クジラ目の肉やイルカショーまでが文化体験の一面として売りだされている。4これらを外国人旅行者の感覚にあわせて形を変えるのは難しいだろう。

それに比べ、カイコウラのナティ・クリ族は割り切れていると私は感じた。クジラ目をタオンガ(宝物)と呼ぶ彼らの伝統と慣習は時代の流れとともに形を変えてきた。ヨーロッパ人が上陸するまでの時代には神々が浜辺に打ち寄せた貴重な食物の賜物として、捕鯨時代やホエールウォッチングの時代では収入源として、そして現代では保護され崇められる聖なる生き物として扱われている。

しかし、現在カイコウラでは捕鯨の時代は過去の記憶でしかない。太地町でも大型クジラ目の捕獲は1988年の国際商業捕鯨モラトリアム以来行われていないが、太地町の漁師や彼らの支援者はイルカの追い込み漁は彼らの捕鯨の伝統の一部だと、伝統ではなく利益のためだと非難する指摘にもかかわらず、主張を続けている。

太地町における日本の活動家達が今より大きな役割を持てば、「外国人VS 我々」のような思考を萎ませ、イルカ漁の終焉をもっと早く呼び込めるかもしれない。

「最終的にこの問題は日本国内で、日本人によって解決されなければならない」とタカヨは話す。「声を上げても非国民と呼ばれない、そんな安全があるべきだ。」
オバリーは同調する。「外国人活動家が変化をもたらす事はできない。日本人にこの問題の主権を取って先頭に立ってもらわなければならない。が、海外メディアは太地町を追い続けるべきだ。世界はこの事について知る権利がある」

19世紀末、ヨーロッパやアメリカへ渡り現地の捕鯨業で働いた若い男たちが太地にその技術を持ち帰り、故郷の捕鯨を近代化させたという展示をくじらの博物館で見たのを思い出した。それが起こる兆しは見えていないが、そのような国際的視野こそが太地を蘇らせるのではないだろうか。保護されたクジラやイルカを自由に生かす事で価値を上げる、数々の伝統と文化を誇るくじらの町として。

カイコウラで昔の捕鯨場の跡地を見学している時、私は若いドイツ人の夫婦に会った。ふたりは熟練のエコツーリストで、野生のイルカたちと泳ぐツアーに参加した後で高揚していた。我々は会話するうちに動物の権利について話し始めた。

「彼女は去年の12月にベジタリアンになったんです」と夫の方が妻を指して言った。

「自分もそうですよ」と、私は答え、そして自分の足元の革靴に目を向けながら「ただ、たまに自分の論理が一貫していないのはどうかとも思っていますが」と呟いた。

「それでも、」と彼女は言った。「どこかで第一歩を踏み出すことが大事なんじゃないですか?」

ショーン・オドワイヤー著

                                  Whale Watch Kaikoura 2 Min Video








           Taiji, Wakayama 和歌山県太地                               Kaikoura, New Zealand ニュージーランド カイコウラ
               

 I interviewed Shaun O'Dwyer.★ Feb.23.2015

①When did you learn about Taiji, Shaun? 
: I learned about Taiji when I watched “The Cove” film, in 2009. 

②Please tell me what emotions you've experienced when you first learned about Taiji.
 : When I saw the slaughter scene in “The Cove” I was horrified. I thought it was so cruel. But during my childhood I lived on a farm, and sometimes I watched animals being slaughtered. I thought that was horrible too, and influenced by those experiences, I became a vegetarian when I was 16.

③Afterwards, will you write an article about Taiji?
: Right now I’m writing an article about why Japanese anti-whaling or anti-dolphin hunting groups don’t have much influence on Japanese public opinion, political policy, mass media or even on foreign activist groups-and why those groups are so small. I’m also taking into account the activist situation in Taiji. 

④Many people in the world are using every measure to stop the killing of A: Taiji, is there anything you would like to say to them? 
I want to say “patience!” “show some consideration!”. When some foreign NPO’s engage in anti-whaling vigilantism, and when some foreign people on Twitter fiercely condemn whaling and dolphin hunting and denounce Japanese people as “barbarians”, they provoke a strong nationalist reaction in Japan. The fact is, in the 1970’s Japanese people were eating less and less whale meat, and the whaling industry was just an “economic problem”. Nowadays, it has become a “Japanese culture problem”. Japanese conservatives are strongly advocating that Japanese “protect our traditions and culinary culture” and demanding that “foreigners stop their cultural imperialism”. Even apolitical Japanese who don’t eat whale meat are offended by foreign people’s denunciations.  Japanese activists are struggling to get their voices heard in the middle of this fight. In relation to Taiji activism, I think Japanese people should ideally be in the forefront, and foreign activist groups should be in a supporting role. But the reality is, there aren’t that many Japanese activists!

⑤What do you think about the developing whale farm? 
: The Taiji whale marine park? I think it’s a waste of money. It would be better for Taiji to invest in eco-tourism. 

⑥What sort of action will you take?
: My academic specialization is philosophy and now I’m tied up writing a book! But when I have time I want to continue writing newspaper articles about the whaling and dolphin hunting problems. 

Thank you very much Shaun


私はショーンさんにインタビューをした2015年2月23日

① ショーンさんはいつ太地のことを知りましたか?
: 2009年 「ザ・コーヴ」が公開された時、太地について学びました。

太地のイルカの事をはじめて知った時の気持を教えてください。
: 「コーブ」の虐殺シーンを見たとき、私はゾッとしました。とても残酷だと思った。
私は子供の頃農場に住んでいて、時々動物が屠殺されているのを見ていた。あまりにも酷く恐ろしい経験でした。
その影響で16才の時に私はベジタリアンになりました。

今後ショーンさんは太地についての記事を書くことはありますか?
: 現在新聞に載せる論文を書いている途中です。テーマは、"なぜ日本の反捕鯨、または反イルカ狩猟グループは日本の世論や政治政策やマスメディア、更には外国の活動家からあまり影響を受けないのか、そしてなぜそれらのグループは非常に小さいのか、その理由についての記事を書いている。そして太地にいる活動家の状況も考慮しています。

世界中の人々があらゆる手段でイルカ猟を止めさせようとしています が彼等に言いたい事はありますか?
: 私は彼等に「忍耐!」と「気配り!」と言いたい。
 ある一部の外国人NPO〔非営利団体〕は反捕鯨ヴィジランティズム〔警察に頼らずに自らの手で法を執行しようとする考え方〕を行った時、また多くの外国人達がツイッター上で日本の捕鯨とイルカ猟を激しく反対し日本の人々に"野蛮人"と非難した時、日本人は強い愛国心主義の反応を引き起こす。実際1970年代日本人のクジラ食が徐々に減少し、捕鯨産業は単に「経済問題」だけでした。ところが昨今では「日本の文化的問題」となっている。日本の保守派は「我々の伝統と食文化を守れ!外国人の文化帝国主義を停止!」と強く提唱し、ノンポリや鯨肉を食べない日本人でさえ外国人の非難に気分を害している。こうした戦いの中で、声が届かず苦労をしている日本人活動家がいる
太地では日本人活動家が第一線にいるべきで、外国人の活動団体は補助的な役割を果たすべきと思う。
しかし残念ながら実際には日本人活動家が非常に少ないのです。

新しく建設中のクジラ牧場をどう思いますか?
: 太地の海上公園ですか? お金の無駄遣いだと思います。エコツーリズムを振興したほうがいいと思います。

これからはどのような活動をしていきますか。
: 私の専門は哲学で、今本を書いていて多忙で手が放せません! 
でも時間がある時は、捕鯨やイルカ猟の問題についての新聞の論文を書き続けたいと思います。

ショーンさん、ありがとございました。



                Things to do in Kaikoura with Must Do New Zealand




When I heard about Kaikoura from Shaun I immediately searched the web for pictures. Looking at the similarities, I realize that they were not that different from each other. Many people around the world are very eager to witness the beauty and scenery of Kaikoura. The land displays the natural and beautiful wild whales. There are many places in Taiji that displays their own natural beauty, but their town is a bit on the "rusty" style. It is not a very widely known tour area. Those towns whom follow their old traditions makes an attempt to endorse and display these characteristics to outsiders. But it seems like an area in which a small family can visit. If they were to accept the negative comments to stop the killing of Dolphins and actually stop killing the mammals, they can put this in their traditions that Dolphins and whales were part of their past. There are many people whom know about Taiji, but it is not too late to turn things around and become known for something else more positive. People whom have been against Taiji will be relieved and forgiving. They will applaud the fisherman's courage to stop killing dolphins and they will for sure visit as a tourist to explore the glorious land of Taiji. 
〜Keiko Olds〜

ショーンからカイコウラの話をを聞いた私は早速ウェブで写真を見た。太地とカイコウラはどこかしら雰囲気が似ていた。
カイコウラは世界中の人々が訪れてみたいと思うほどの大自然と美しい風景があり、そこで観る野生のクジラはさぞかし美しいだろうと感じさせる魅力があった。
一方太地にも大自然があるにも関わらず少し寂びれた感じがし、世界からの観光客が訪れるような雰囲気はなかった。日本の伝統を誇る場所には必ず一度は世界中に見せたいと思う魅力があるものだが、太地は日本人の家族連れがちょっと小旅行をする為だけの場所のようだ。もし太地が今、世界からの批判をポジティブに受け止めイルカ猟を終了し、歴史ある捕鯨の街としての美しい観光地にしたならば、これだけ多く世界中の人々に知れ渡った太地は、国際的な観光地として生まれ変われるだろう。イルカ猟に反対していた人々は太地に心から感謝しその勇気と優しさを絶賛しするだろう。そして必ず彼等は生まれ変わった太地に訪れるに違いない。
〜ケイコ・オールズ〜


Whale Watch Kaikoura 2 Min Video




                                       
              Remains of the Kaikoura whaling industry. The town's oldest surviving building, it has changed little since the 1860s.
                             町の最古の建物はカイコウラの捕鯨産業のまま1860年代以来ほとんど変わっていない。
                                            ↓Photographing by Shaun O'Dwyer
                                                                    ↓ 写真撮影/ショーン・オドワイヤー
★Built literally upon foundations of whale vertebrae, Fyffe House provides a rare opportunity for visitors to feel the small-roomed confines of a whaler's cottage, touch whale bones and baleen and even smell the fragrant aroma of whale oil.
European settlement of Kaikoura began in 1842 when Scotsman Robert Fyfe established a whaling station. His cousin George Fyffe (they spelt their surnames differently) joined Robert later. The cousins employed many local Maori men in their whaling crews along with whalers from Australia, Great Britain, North America, France, Germany, Hawaii and India. Many of these foreign whalers married local Ngai Tahu women and their descendants live in Kaikoura today.
Harpooned whales, mostly Southern Right Whales, were dragged to a large rock shelf in the bay near Fyffe House and their flesh removed and boiled down for oil. Southern Right Whales were already rare in the 1840s and their numbers soon collapsed. At this time George Fyffe and many of the whalers turned to sheep and dairy farming to make a living. Farming soon became the mainstay of the local economy until whale watching began in 1987 and shifted the emphasis back to whales.
Humpback and Sperm whales sustained a small whaling industry in Kaikoura until the early 20th century. Whales were still being hunted in other South Island locations until commercial whaling ended in New Zealand in 1964
★文字通りクジラの椎骨の基盤上に構築したファイフハウスは、ビジターが捕鯨船員のコテージの小部屋を感じるだけでなく、クジラの骨とヒゲに触れ、さらには鯨油の香ばしい香りを嗅いだり、貴重な機会を提供します。
カイコウラへのヨーロッパ人の入植は、1842年スコットランド人バート・ファイフFyfeが捕鯨拠点を設立したことから始まった。彼のいとこジョージ・ファイフFyffe(彼らは自分の姓を違う綴りにしていました)は後にロバートの仲間になった。ジョージは捕鯨の乗組員にオーストラリア、英国、北米、フランス、ドイツ、ハワイ、インドからの捕鯨者と地元のマオリの人々を多く雇い入れた。これら外国人の捕鯨者の多くは、地元のガイタフの女性と結婚し彼らの子孫が今ものカイコウラに住んでいる。
銛で仕留めた鯨、主に南セミクジラは、ファイフハウスに近い入江の大きな岩棚に引きずり下ろし、その肉を取り出し、油を取るのために煮詰められた。ミナミクジラは1840年代、既に希少価値で1840年代あっけなく事業崩壊した。この時ジョージ・ファイフと捕鯨者の多くは生計を立てるために羊や酪農業を始めた。1987年に農業からホエールウォッチングに転業、始めてからすぐに地域経済の大黒柱となり再びクジラに重点を置くことになる。
20世紀初頭までカイコウラではザトウクジラとマッコウクジラの小さな捕鯨産業を持続。商業捕鯨は1964年にニュージーランドで廃止されるまで、別の南島の場所でに狩りされていた。

Taiji, Wakayama 和歌山県太地 ↓                                                Kaikoura, New Zealand カイコウラ ニュージーランド↓
       
Taiji, Capture Dolphins 太地の捕獲されたイルカ                              Kaikoura, Wild Free Dolphins カイコウラの野生の自由なイルカ
              
Taiji, Whale Museum's wall painting 太地の鯨博物館の壁画            Kaikoura, Cafe's Wall painting カイコウラのカフェの壁画
            
Taiji, Whale Tale's Monument 太地の鯨の尾モニュメント                 Kaikoura's Real Whale Tale カイコウラの本物の鯨の尾
             
Taiji, COVE 太地の入り江                                                                              Kaikoura's beach カイコウラの浜辺
           
Taiji, Captured Orca Show 太地の捕獲されたシャチのショー           Kaikoura's Meet the Wild Whale カイコウラで野生の鯨に出会う
           

☆History of Whaling☆捕鯨の歴史
9th Century     Whaling starts in Norway, France, and Spain 
9世紀                  ノルウェー、フランス、スペインで捕鯨が始まる
12th Century  Hand-harpoon whaling starts in Japan
12世紀              素手での銛打ち捕鯨が日本で始まる
1606          Hand-harpooning whaling by organized groups starts in Taiji, Japan
                         組織化されたグループによる素手の盛打ち捕鯨が日本太地で始まる
1612          Hand-harpooning of Baird's beaked whales starts in Chiba Prefecture, Japan (near Wadaura)
                         ツチクジラの素手での銛打ちは日本の千葉県で始まる。(和田浦の近く)
1675          Whaling using nets begins in Taiji, and spreads to Shikoku and Kyushu, contributing to rapid           
                         expansion of whaling
                         網を使った捕鯨が太地で始まり四国と九州に広がる。太地は捕鯨の急速な発展に貢献した

1712          Sperm whaling starts in the U.S. (US-style whaling)
                         米国でマッコウクジラの捕鯨開始(米国スタイルの捕鯨)
1838          Organized whaling using nets starts in Ayukawa, Japan
                         網を使っての捕鯨が日本の鮎川で開始される 
1864          Modern whaling is developed in Norway
                         近代捕鯨はノルウェーで開発された
1868          With harpoon guns completed in Norway, Norwegian-style whaling starts
                         ノルウェーで銛打ち銃が完成し、ノルウェースタイルの捕鯨が開始される
1879          A storm claims the lives of 111 whalers from Taiji. This incident prompts transition from net 
                         whaling to modern whaling
                         嵐は太地から111人の漁師の命を奪った。この事件は網捕鯨から近代捕鯨への転向をさせた
1899             Japan starts Norwegian-style whaling

                            日本はノルウェー式の捕鯨を開始

1903          The world's first whaling factory ship (Netherlands) sails out to Spitsbergen sea
                         世界初の捕鯨工船(オランダ)はスピッツベルゲン島の海に出帆した
1904          Norway sets up a whaling station in South Georgia Island; Whaling begins in Antarctic Ocean
                         ノルウェーはサウスジョージア島の捕鯨基地を配置。捕鯨は南極海で始まった
1905          First whaling factory ship sails to Antarctic Ocean
                         最初の捕鯨工船が南極海へ出航
1906          Full-scale modern whaling starts in Japan with construction of modern whaling station in Ayukawa
                        日本の鮎川の近代捕鯨基地で 本格的近代捕鯨建設を開始
1925          A mother ship equipped with a slipway goes on whaling for the first time
                         初めて母船に着水台を装備した捕鯨船が出航する
1931          First International Whaling Convention is signed
    
                         国際捕鯨条約が最初の署名をする

1932          Claws (tail fin pinchers) appears
                         爪(テールフィンペンチ=母船に大型のクジラをプルアップするクジラの尾びれをフックするためのツール)が登場               
1934          Japan enters mother ship-type whaling in Antarctic Ocean
                         日本が南極海での母船型捕鯨を始める
1940          U.S. quits whaling
                         米国は捕鯨を終了する
1941          Japan suspends mother ship-type whaling upon the outbreak of World War II
                         日本は第二次世界大戦の勃発時に母船型捕鯨を中断
1946          International Convention for the Regulation of Whaling is signedJapan resumes whaling in r
                         Antarctic Ocean
                         国際捕鯨取締条約は、日本が中断していた南極海で捕鯨を再開する事に同意した
1948          International Whaling Commission (IWC) is established
                         国際捕鯨委員会(IWC)を設立
1949          1st IWC meetings are held
                         第1回IWC会議が開催される
1951          Japan joins IWC
                         日本がIWCに参加
1959          Olympic system is abolished; Self-declared whaling starts
                         オリンピック方式が廃止される。自己宣言捕鯨が始まる
1962          Country quota system starts
                         国別割当制度が開始される
1963          Hunting of humpback whales in Antarctic Ocean is bannedUK quits whaling
                         英国は南極海でのザトウクジラの捕鯨を禁止終了
1964          Hunting of blue whales in Antarctic Ocean is banned
                         南極海でのシロナガスクジラの狩猟が禁止する 
1972          Resolution calling for 10-year moratorium on commercial whaling is adopted at United Nations 
                            Conference on Human Environment Blue Whale Unit system is abolished; 
                         Catch quota by whale type system starts
                         Norway withdraws from whaling in the Antarctic Ocean
                         Japan starts minke whaling
                         商業捕鯨の10年間の停止を求める決議案は、国連会議の人間環境シロナガスクジラ単位系を撤廃で可決された。クジラ       
                               型システムによる捕獲枠は、ノルウェーは南極での捕鯨を開始し、日本はミンククジラ捕鯨を開始
1975          New Management Procedure (NMP) is adopted
                         新しい管理手順(NMP)が採用される
1976          Hunting of fin whales in Antarctic Ocean is banned
                         南極海でのナガスクジラの狩猟は禁止される
1978          Hunting of sei whales in Antarctic Ocean is banned
                         南極海でのイワシクジラの狩猟は禁止される
1979          IWC adopts an Indian Ocean whale sanctuary
                         IWCはインド洋クジラ保護区を採用
1982          IWC adopts a commercial whaling moratorium
                         IWCは商業捕鯨モラトリアムを採用
1985          Japan withdraws objection to IWC moratorium
                         日本はIWCモラトリアムに異議を撤回
1987         Japan withdraws from Antarctic whaling and starts research whaling (JARPA)
                        日本が南極捕鯨から脱退し、調査捕鯨を開始する(JARPA)
1988         Japan suspends coastal catching of minke and sperm whales
                        日本は、ミンククジラとマッコウクジラの沿岸捕獲中断
1990         IWC estimates population of minke whales in Antarctic Ocean as 760,000
                        IWCの推定、南極海ミンククジラの頭数76万
1992         Iceland withdraws IWC; North Atlantic Marine Mammal Commission (NAMMCO) is established IWC 
                        completes development of Revised Management Procedure (RMP)
                        アイスランドはIWCを退却。北大西洋海洋哺乳類委員会(NAMMCO)はIWCが確立した改訂管理方式(RMP)の開発
                              を完了
1993         Norway resumes commercial whaling
                        ノルウェーは商業捕鯨を再開
1994         IWC adopts southern ocean whale sanctuary
                        IWCは、南極海をクジラ禁猟区に適用
1994        Japan starts research whaling in northwest Pacific (JARPN)
                       日本が北西太平洋で調査捕鯨を開始する(JARPN)
2000        Japan starts research whaling (JARPNII) for feeding study
                       日本が餌研究のための調査捕鯨(JARPNII)を開始
2002        54th IWC meeting is held in Shimonoseki
                       第54回IWC会議は下関で開催される
2003        IWC adopts Berlin initiative
                       IWCは、ベルリン政策を採用
2005        Japan starts research whaling (JARPAII)
                       日本は調査捕鯨(JARPAII)を開始
2006        IWC adopts St. Kitts and Nevis Declaration
                       IWCは、セントクリストファーとネイビス宣言を採用
2007        Confrence for the Normalization of the IWC in Tokyo
                       東京のIWC標準化のための面積階層

                                                                                   Taiji's stamp

   Let's go New Zealand !
  
                             Thanks Mr. Shaun O'Dwyer                               

1. Taiji Town 太地町役場 <www.town.taiji.wakayama.jp/tyousei/sub_02.html>

高山新 2007 和歌山県太地町の地域経済および財政状況と住民暮らし。「第4次太地町長期総合計画」(太地):27-28 <https://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/19680/1/koumin_15_021.pdf>

遠藤愛子 2011 第10章 変容する鯨類資源の利用実態 和歌山県太地町の小規模沿岸捕鯨業を事例として。松本博之編「海洋環境保全の人類学」国立民族学博物館調査報告 97: 262-263 <http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/4429/1/SER97_011.pdf>

2. Jun Morikawa 2009. Whaling in Japan: Power, Politics and Diplomacy. (New York: Columbia University Press) を参照。

3. Ceta Base 2014. Drive Fisheries: Capture Results and Information. Web: <www.ceta-base.com/drivefisheries.html#20132014>

4. Arne Kalland 1998. “The Anti-whaling Campaigns and Japanese Responses”. In The Japanese Position on Whaling and Anti-Whaling Campaign (Tokyo: Institute of Cetacean Research). Web: <http://luna.pos.to/whale/icr_camp_kalland.html> (日本語訳はこちらのリンクへ <http://luna.pos.to/whale/jpn_kalland.html>)

Original article: <Kaikoura and Taiji: a tale of two whaling towns>
www.ceta-base.com/drivefisheries.html#20132014>

1 comment:

(Comments will not appear immediately, I will confirm and add them to the comments through my inbox)

PLEASE GIVE ME COMMENT. YOUR MESSEAGE WOULD BE HELPFUL FOR FUTURE CONTENT TO MY BLOG AND WORLD. PUBLISH ALL YOUR COMMENT. WE MAKE THIS BLOG TOGETER.(=゚ω゚)ノ